アイアクト 口コミ

眼瞼痙攣はストレスが原因…手術は嫌!治療に最適な薬がコレ!

こんな悩み不安ありません?

以下に当てはまると危険です。

  • 瞼が垂れる
  • 目を開けてられない
  • 目の手術はしんどい
  • ホットタオルでもダメ
  • まばたきが多くなってきた
  • 光がまぶしくて目がつらい
  • 目がショボショボしがち
  • 人にぶつかりそうになりがち

 

ストレスによる興奮が原因

このような症状の多くは「ストレス」が原因です。精神的ストレスがたまり瞼がピクピクするということは、脳からアセチルコリンと呼ばれる興奮物質が放出されるからです。
瞼のピクピクが起こり、そのピクピクが嫌になり、ストレスを感じ、更に症状が悪化してしまいます。

 

数十万人が苦しんでいる

ドライアイと症状が同じなため正確な診断されないことがあります。今の日本で眼瞼痙攣に苦しんでいる人は数十万人より多いとされています。

 

40歳以降の女性がなりやすい

眼瞼痙攣はストレスが原因…手術は嫌!治療に最適な薬がコレ!

眼瞼痙攣が最も多いのが40代以降の女性です。中高年の男性もなりえます。

  • まばたきの回数が増加傾向にある
  • 画面ががまぶしくて見づらい
  • 眼が疲れるとまぶたがピクピクする
  • ドライアイの診療で良くならない

こういう状況が長引く人は、眼科で診察してもらいましょう。

 

眼瞼痙攣放置すると顔つきがかわる

眼瞼痙攣は、顔つきがかわったり、眉間のシワがふかくなったり、顔がゆがんだりします。最悪、「機能的失明」になるケースもありえます。目の周りの緊張をほぐす対策を行うことが大切です。

 

治療は症状を抑制するのがほとんど

発症原因に関しては、「大脳の活動障害」という説や、「角膜の病気が刺激を与えたせいで発症」「抗うつ薬、薬が引き金になる」という場合が報告されています。しかし、完全には解明されていません。なので、施術は症状を抑える対症療法がほとんどなのです。

 

ドライアイと誤診される場合もある

眼瞼痙攣はストレスが原因…手術は嫌!治療に最適な薬がコレ!

目が乾く症状も多く存在します。眼表面障害のものに類似しているので、ドライアイと診断されて、治療されているのが現状です。ほかには眼精疲労、更年期障害、神経症に診断されたりします。

 

車の運転も諦める人も

移動の場面をイメージしてみると把握できるでしょう。歩いてる途中に人にぶつかいそうになる経験。または、車の事故が発生する可能性もあります。こういったケースから車も運転を諦めている人も多くいらっしゃいます。

 

機能的失明を起こすケースも

40〜50歳以上に多くみられますが、女性は男性の2.5倍も眼瞼痙攣にかかりやすいです。軽症を含めて日本では30〜50万人以上の患者がいるとされます。最悪、まぶたが垂れて目が開かなくなり「機能的失明」に陥るという場合もあります。

 

アイアクトが眼瞼痙攣(がんけんけいれん)をケア

自宅で治療できる独自配合商品が「アイアクト」です。

 

「塗るボトックス成分」を中心に、眼瞼痙攣の症状を抑える成分が配合されています。

 

あなたの生活が豊かで楽しいものになることを願っています。